2018年NISAへの投資完了

平常心で一括投資

運用方針に基づいて、年初にiシェアーズ コア米国高配当株 ETF(HDV)へ約120万円の投資が完了しております。雰囲気的には割高感があるタイミングだったのですが、受取配当金効率を考えて、フラットな心で実行をしました。

皮算用

2017年から初めて現在240万円程度のETF(HDV)を保有しておりますので、その3%、7万円程度を配当金として受け取る予定です。配当金としてはまだまだですが、こちらはコツコツ&バイ・アンド・ホールドで積み上げていきたいと思います。この受取配当金は2019年のHDV購入原資とします。

NISA制度は2023年までの制度であと5年続きます。ロールオーバは行いませんので、あと600万円の投資を行う予定です。(120万円☓5年)そうすると、HDVを840万円程度保有することになりますので、受取配当金は25万円程度。25万円あれば、米国ETF買付手数料は最小限に抑えられると考えますので、2024年以降は、通常口座にて、受取配当金分の再投資を行う予定です。

以降、受取配当金の再投資だけで、2029年には1,000万円を超えて配当金が30万円に、2043年(65歳)には1,500万円を超えて配当金が45万円になります。これこそが投資の醍醐味なんだと思いました。(価格変動、手数料・税金や為替は考慮していませんので、皮算用ということでお許しください。)

「インデックスそのものが毎年3%上昇していくから、コツコツ&バイ・アンド・ホールドしましょう、いつ買っても大丈夫」という理屈ではなく(私は毎年3%ずーっと上昇していくインデックスはないと思っています。)、投資先企業からの受取配当金(3%)を再投資することによって、資産が雪だるま式に増えていくこの様を心に刻んで、米国高配当戦略を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする