巡り巡ってレラティブストレングス投資

最近の米国株の好調さが羨ましくて、私のその波にノリたいなぁということで検討してきたのですが、結局はレラティブストレングス投資が合理的なのではないかということに落ち着きそうです。

米国株とどのように関わっていくか
私はレラティブストレングス投資を用いて、以下8つのアセットクラスに対して移動平均と平均リタンを毎月計算し、上位2つのアセットに投資をしていま...

結局は同じことをしていると気が付きました

S&P500でモメンタム投資をするなら、私が実施しているレラティブストレングス投資に資金を投下したほうが効率的なのではと気が付きました。

というのも、S&P500の勢いが減速して、売シグナルが点灯し、でキャッシュポジションを取った時、米国株モメンタム投資だと、そのまま現金で保有することになりますが、レラティブストレングス投資の仲間に入れておけば、より勢いがあるクラスへスライドすることになります。このように考えると、レラティブストレングス投資に集中するのが効率的だと考えるようになりました。

また、すべてのアセットクラスが下落相場になるとキャッシュポジションを取るので、リスク資産内でのキャッシュ比率も考えないで良いのだと思います。勿論リスク資産とは別の生活防衛資金は必要です。

運用方針の再々見直し

紆余曲折しましたが、私自身の納得感が高く、心がざわつかない投資法はレラティブストレングス投資に落ち着きました。うん。シンプルでよろしいかと。

リスク資産  コア:レラティブストレングス投資  補完:高配当ETF (NISA)

投資は自己責任でお願い致します。