米国セクター均等配分投資 (検証編)

米国セクターローテーションに着目した米国セクター均等配分投資ですが、思いついたその時は「これサイキョウじゃん!」だったのですが、「Show me the data」ということで、2004年10月からのデータを用いて検証してみました。

米国セクター均等配分投資
最近はめっきり投資に割く時間も減ってきておりまして、レラティブストレングス投資の月次シグナル確認(&必要に応じた売買)と月に1度のH...

S&P500との比較

S&P500と米国セクター均等配分投資とを比較しました。結果は冒頭の画像の通りで、S&P500は127,685ドル、米国セクター均等配分投資は128,643ドルとなりまして、その差は0.75%でした。

前提条件

  • 期間は2004年10月〜2017年4月
  • 毎月の投資額は500ドル
  • S&P500
    • SPDRのSPY
    • 500ドルを毎月購入
  • 米国セクター均等配分投資
    • バンガード社のETF(10種)
    • 最初の10ヶ月は価格が一番安いセクターを500ドルずつ購入
    • 11ヶ月目以降は評価額が一番安いセクターを500ドル購入
  • 手数料/配当金は加味しない

感想のようなもの

あれっ。。

ネットの世界を見回してもこの手法あまり出てこなかったので、大発見じゃん!と息巻いてあれこれ検証したのに、結果はS&P500とほとんど変わらない。グラフを見るとほとんど同じ動きをしていますね。

手間暇を考えるなら、何も考えずにS&P500に投資するというのが最善ですよねぇ。そうそうジブンだけが発見したサイキョウの投資法などないということが証明されました。。トホホホ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする