30代共働き夫婦の家計管理

我が家の場合

夫婦共働きのmpmです。どのような家計管理をしているのかご紹介したいと思います。これまで試行錯誤してきましたが、現在はこの方法に落ち着いています。

もともとはどのようにしていたか

妻から生活費(定額)をもらい、私の口座からすべて引き落としていました。決済手段は原則クレジットカード。家族カードを渡してあり、妻の個人的な買い物も含めて明細を見られて困らないものはすべてこのカードで決済をしてもらっていました。

この方法の最大の問題点は、妻は定額の生活費を払えば、メリハリなく、クレジットカードが使える場所なら何でも購入できてしまうことです。クレジットカードに紐付けている航空マイルはたくさん貯まりましたが、お金は全くたまりませんでした。。

改善ポイント

決済の内容を見てみると、食費が突出していて毎月のバラツキもかなりのものでした。そこで考えたのは、食費は妻の持ち分にするということ。妻からもらっている生活費から、この食費相当分を減らしました。その代わり、食費は自分のお財布から出してねと。

食費に関して工夫をすれば、その分自分の取り分になる。逆に、食費がかさんでしまえば、これまでに比べて持ち出しが多くなるということにしました。このように、頑張れば報われる方式にしたことはとても良かったのではと思っています。自分の財布がいたまないとなると、やっぱり人間、好きなだけ使っちゃいます。

DCを利用した先取り貯蓄

妻は、お金はあればある分使ってしまう性格。逆に、なければないなりに生活できる優れた才能をもっています。ですので、今どのくらい貯蓄があるか知ってしまうと安心しちゃうから、聞きたくないそうです。

そんな彼女には、先取り貯蓄が絶対有利と日々考えていたのですが、DCが始まるということをつぶやいていたので、フルスイングで拠出するようにお願いしました。妻の給与から考えると、かなりの割合を拠出していることになりますが、弱音は一切なしで頑張ってくれています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする