ご破算に願いましては

あれこれ考えて、各アセットクラスの割合を決めて、バラ売りされてるインデックス投資信託を購入してきたのですが、、なんだかメンドクなってきてしまって、方針転換を行いました。

方針転換

eMAXISバランス (8資産均等配分型)

検討当初からずーっと気になっていたファンドがありまして。。等配分でグラフが美しい下記投資信託です。自分で8つのアセットクラスを個別に購入しリバランスしていくのがどうにもメンドウになってしまって・・・

こちらのファンドを主軸に据えることにいたしました。
(と書いておきながら、またすぐ心変わりするかもしれませんが・・・)

手数料

シミュレーションすると、私が購入していたインデックスファンドの単品買いよりも信託報酬は0.2%ほど上がるのですが、ファンド内でリバランスを行ってくれるので、税金の繰り延べ効果やその手間を考えて許容範囲かなと考えました。

また、財産信託留保額(換金時にかかる手数料)も0.15%かかってしまいますが、逆にこれがかかるから売りたくなる気持ちを抑制できるかもとか。。

内容 手数料
購入時 なし
信託報酬 0.54%(税込)
財産信託留保額 0.15%

許容リスク(偏差)を考えて

リスク資産の50%を債権クラスにするために、「eMAXISバランス (8資産均等配分型)」を80%、残り20%は「<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド」を購入します。

このようにすることで、下記のようなアセットアロケーションになる想定です。
たった2つのファンドで実現できます。うん。シンプル。

アセットクラス 割合
国内債権 30%
海外債権 10%
新興債権 10%
国内株式 10%
海外株式 10%
新興株式 10%
国内REIT 10%
海外REIT 10%

リバランス

2つのファンドであれば、80:20を維持することも容易いかなぁと今は考えています。年1度、まとめてやるのがいいのか、2つであれば、毎月購入時にバランスを取りながらということもできそう。なんとなく後者でやろうかなと考えています。

支出を抑えて貯蓄をする体質になるよう日々努力をしておりますが、何かほしい!お金使いたい!!という衝動に駆られることがあります。その衝動を抑えるためにも、ファンドを購入すればいいのではと最近考えています。毎月自動引落にすると、何かを買ったという実感がわかないので、自らの手でポチッとしようと思います。

これまでの投資信託すべて換金しちゃいました

本当に自分が情けないです。なんという意思の弱さ。飽きっぽいというかなんというか。中途半端に残っているのが気持ち悪かったので、これまで投資してきた投資信託は一旦すべて売却(換金)しました。オイコラ熟成はどうしたんだというお叱りはごもっともなのですが、一旦、フリダシに戻るということでご勘弁を。

けれども、これですっきりしました。

ちょうど季節も春ですし、これまで悶々と悩んできたことを一度リセットし、新たな気持ちで熟成スタートです。ブログ開設当初、偉そうに投稿した、行動規範やら運用方針やらの修正をこれから行います。(最初にそちらをなおせよということではありませんが・・・)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする