2016年02月 累計リタンと投資額

2016年1月からインデックス投資を実践しています。まだまだグラフが寂しいのですが、2016年2月度の累計リタンと累計投資額です。毎月ブログに投稿していこうと考えています。長期でグラフ化したときには素敵なグラフになればよいなと思っています。

グラフの前提

グラフの対象としているのは、運用資産全体です。つまり、リスク資産と非リスク資産を足したものです。リスク資産だけを対象にしようかとも考えたのですが、当ブログではこのようにいたしました。理由は、非リスク資産を仲間に加える事で、評価額の変動が穏やかになるためです。長期投資を実践していくためには、精神的安定を維持することが大切だと考えていますので、市場の騰落に一喜一憂しないような結果になるよう、このような選択にいたしました。

運用資産リスク資産/非リスク資産について、当ブログにおける言葉の定義は下記運用方針をご覧いただければと思います。

運用方針を策定しました

保有投資信託と損益

投資を開始していきなり下落相場でした。仕込時期としては最適だなぁと感じながら日々を過ごしています。ファンドの損益としては以下の様な状態で、国内リートが頑張ってくれています。
また、国内債券クラスを多くの割合で保持しているため、下落率が緩やかに推移しています。

クラス 名称 損益
国内株式 ニッセイTOPIXインデックス -4.68%
先進株式 ニッセイ外株インデックス -4.26%
新興株式 SBI-EXE新興国株式 -3.33%
国内REIT たわらN国内リート +6.09%
先進REIT たわらN先進国リート -3.96%
合計 -1.51%

ファンド以外のアセットクラス

非リスク資産は現金(定期預金)、リスク資産は上記投資信託の他に個人向け国債(変動10年)を保有しています。繰り返しになりますが冒頭のグラフはこれらも含んだ値で計算しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする