私が保有している口座について

インデックス投資を始めるに際して、保有資産別にどのように管理すればよいのか、口座を整理しました。これまでは1つの口座で入金・出金・貯蓄をしていて正にどんぶり勘定でした。インデックス投資を開始するにあたり、収支や貯蓄状況を適切に把握するため、保有資産毎にどの口座で管理するかを定義しました。

  • 収入と定期支出
  • 生活防衛資金
  • 非リスク資産
  • リスク資産
  • バッファ

収入と定期支出

新生銀行で管理します。
管理対象は、毎月の入金(給与)と定期的な出金(家賃とクレジットカード)です。生活費のほとんどをクレジットカード決済しています。

生活防衛資金

新生銀行で管理します。現在は2週間定期預金に預けてあります。
病気やリストラ等何かあった時に生活を維持するためのお金です。水や空気と一緒で、なければ困るが、日々の生活においては意識しない資金です。私は生活費の2年分を生活防衛資金として確保しています。

非リスク資産

ソニー銀行で管理します。ちょうど2016年1月に実施していたキャンペーンにのっかって、6ヶ月定期に預けてあります。
年1回のリバランス時、リスク資産が規定割合よりも減っていた時、非リスク資産を原資にリスク資産へ投下します。1年間は使用しないため、金利キャンペーンを行っていたソニー銀行に預けました。非リスク資産については、そのタイミングタイミングで有利な金融機関に預けるのも良いかなぁと思っています。

リスク資産

SBI証券で管理します。
リスク資産内のアセットアロケーションは、国債(もしくは預金)が50%、株式が25%、REITが25%としています。このうち、国債、株式、REITをSBI証券に、預金は住信SBI銀行とのハイブリット口座で管理をしています。

バッファ

毎月の支出のばらつきを吸収するために一定額のバッファを持っています。入金口座(新生銀行)と貯蓄口座(SBI証券/ソニー銀行)との間にある住信SBIネット銀行で管理をしています。毎月一定額の貯蓄(投資)を行うために重要な役割を担っています。

まとめ

私の資産は、下記4つの金融機関で管理を行っています。入金口座と出金口座を明確に分離するという考え方もあると思いますが、引き落とし金額を調べて振り込むのが面倒かつ、金額を間違えたら事故るので、このような構成にしました。

  • 新生銀行:入金、定期的な出金、生活防衛資金
  • ソニー銀行:非リスク資産
  • 住信SBIネット銀行:バッファ
  • SBI証券:リスク資産(国債、株式、REIT)
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする